ポーカー スターズ ボーナス コードk8 カジノ「Digital Photo Professional」で、イメージ通りの色を再現仮想通貨カジノパチンコ勝てる パチンコ 2020

ポーカー スターズ ボーナス コードk8 カジノ「Digital Photo Professional」で、イメージ通りの色を再現仮想通貨カジノパチンコ勝てる パチンコ 2020

ポーカー スターズ ボーナス コードk8 カジノ「Digital Photo Professional」で、イメージ通りの色を再現仮想通貨カジノパチンコ勝てる パチンコ 2020

キャノン デジカメ 人気k8 カジノ バージョンアップでキヤノンの主要デジタル一眼レフカメラに対応

スロット 番長 3 動画 第1回では、「PIXUS iP9910」の基本的なハードウェアと印刷速度、付属の簡単印刷ソフト「Easy-PhotoPrint」からドライバのデフォルト設定で出力した場合の画質を見てきた。

 これでも十二分に美しい画質が得られ、印刷速度も実に高速だ。デジカメで撮った写真を気軽に大判印刷して楽しんだり、たくさんのL判用紙に印刷して配布するなど、あらゆるシーンで快適に使える。褪色に強いのも大きなポイントだ。

 今回はより「色」にこだわり、PIXUS iP9910の潜在能力を発揮させるアプリケーションと設定、画質を紹介しよう。印刷する写真データとしては、デジタル一眼レフカメラで撮影したAdobeRGB色空間の写真を想定する(JPEG形式、RAWデータ)。

 今回のトピックスの一つとして、キヤノンのデジタル一眼レフカメラのRAW現像ソフト「Digital Photo Professional」(以下、DPP)がバージョンアップしたことによるPIXUSとの連携性アップがある。

 新製品のEOS KissデジタルNに同梱されるDPPの最新版(Ver.1.6*)は、従来からのEOS-1 D/Ds系列に加えて、EOS 20D、EOS 10D、EOS Kissデジタル、EOS D60、PowerShot Pro1にも対応した。筆者はEOS 10Dのユーザーなので、DPPの対応はとても嬉しかった。同じように感じた人も多いのではないだろうか。これらのデジカメで撮影したAdobeRGB色空間の写真を、AdobeRGBの広い色域のままで出力できるからだ。

* ダウンロード対応予定。時期未定(2005年3月3日現在)

DPPの初期設定

 DPPは、キヤノンのデジタル一眼レフカメラ(一部を除く)に付属する、RAWデータの現像ソフトだ。RAW画像とRGB画像のさまざまな調整機能を持ち、RAWデータの現像処理も速い。カラーマネジメント機能も備え、モニタ表示用、印刷用、CMYKシミュレーション用のICCプロファイルを割り当てられる。デジカメのRAWデータを、ICCプロファイルを適用してPIXUS iP9910で直接プリント(カラーマネジメント出力)できるのも特長だ。今回はこの機能にスポットを当てよう。

図1:キヤノンのデジタル一眼レフカメラ(一部を除く)に付属するRAWデータ現像ソフトの「Digital Photo Professional」。詳細な色調整が行え、RAWデータのサムネイル表示や色調整の反映が高速なのが嬉しい

 余談だが、印刷用紙に応じたICCプロファイルが提供されているプリンタなら、PIXUS iP9910以外でもDPPからの直接プリントが可能だ。キヤノンのインクジェットプリンタ(PIXUS iPシリーズ)と複合機(PIXUS MPシリーズ)の現行モデルは、すべてICCプロファイルを提供している。ドライバをインストールすると、ICCプロファイルも組み込まれる。

 DPPとPIXUS iP9910でカラーマネジメント出力するには、まずDPP側で設定しておくべき項目がある。DPPの「環境設定」にある「カラーマネジメント」タブを開いて、図2のように設定する。

図2:「Digital Photo Professional」の初期設定

(1) 作業用色空間の初期設定

 DPPの作業用色空間を指定する。デジカメの設定と同じ色空間にしておくとよい。デジカメをsRGBにしているならsRGB、AdobeRGBにしているならAdobeRGBを選択しよう。作業用色空間は、DPPの調整メニューからでも自由に変更できる。

(2) カラーマッチング設定

 カラーマッチング設定は必要に応じて行う。PIXUS iP9910からカラーマネジメント出力する場合は、「印刷用プロファイル」を必ず設定する。PIXUS iP9910のドライバをインストールすると、用紙種類と印刷品位に合わせた7種類のICCプロファイルが組み込まれる。ここでは「Canon iP9910 PR1」(プロフェッショナルフォトペーパー/印刷品位1)を指定した。

 「マッチング方法」は、RGBの画像データを印刷時のCMYKに変換するときのアルゴリズムだ。「知覚的」と「相対的」が用意されている。ごく簡単にいうと、知覚的は色のバランスを重視した一般的に好ましい色になり、相対的は色の値を重視した画像データに忠実な色になる。画像によって最適な方法は異なるが、デジカメ写真を印刷する場合は「知覚的」を選択しておいた方が無難だ。

 また、「表示用」でモニタプロファイルを指定しておくと、画像本来の色とモニタ表示の色、印刷時の色をカラーマッチングできる。ただし、モニタをきちんとキャリブレートしたうえでモニタプロファイルを作成していないと、効果は期待できない。

 モニタプロファイル、および「CMYKシミュレーション用プロファイル」を含めたカラーマネジメントは非常に奥が深く、今回のテーマからも外れるため、省略させていただく。

(3) 「Easy-PhotoPrint」で印刷する時のマッチング方法

 DPPでは、PIXUS iP9910に付属する簡単印刷ソフト「Easy-PhotoPrint」を経由したプリントも可能だ。この項目では、「Easy-PhotoPrint」を使って出力するときのマッチング方法を指定する。概要は「印刷用プロファイル」の「マッチング方法」と同じで、画像データに忠実な色を再現したい場合は「相対的」を選択するが、好ましさを重視するなら「知覚的」を選択する。

DPPの印刷操作とPIXUS iP9910のドライバ設定仮想通貨カジノパチンコjapan サッカーカレッジ メンバー

Leave a Reply